[ 2010年05月07日 ]

ジェラルド・ウォーレス(Gerald Wallace)



ジェラルド・ウォーレス(Gerald Jermaine Wallace,1982年7月23日 - )はアメリカ合衆国アラバマ州シラコーガ出身のバスケットボール選手。アメリカプロバスケットボールリーグNBAのシャーロット・ボブキャッツに所属している。ポジションはスモールフォワード。身長201cm、体重98kg。



<学生時代>
高校時代は全米の優秀な選手が結集するマクドナルド・オールアメリカン・チームに選出された。卒業後はアラバマ大学に進学。1年生のとき、NCAAで同大学が所属するサウスイースタン・カンファレンス(SEC)の優秀1年生チームにも選出されている。ウォレスは2年生に進級することなくNBAのアーリーエントリーを宣言し、プロ入りを表明した。



<サクラメント・キングス>
2001年のNBAドラフトでは、サクラメント・キングスから全体25位指名を受けた。以降3シーズンはキングスで選手生活を送ることになるが、度重なる怪我はもとより、選手層が厚かった当時のキングスでは満足な出場時間を得ることはできなかった。ウォレスの身体能力は関係者やNBAファンの多くが認めるところではあったが、自身はそれを発揮することはなかった。




<シャーロット・ボブキャッツ>
2004年、NBAに新チームであるシャーロット・ボブキャッツが誕生。ウォレスはキングスにプロテクトされず、そのままボブキャッツにエクスパンション・ドラフトの指名を受けて移籍が決定した。チーム初年度の2004-05シーズンは70試合に出場し、内68試合で先発を務めた。キングスでは平均10分前後だった出場時間が、平均30分に急上昇。素質は開花し、前年までの成績を遥かに上回る活躍をみせた。



2005-06シーズンは序盤にチームの要だったエメカ・オカフォーが大怪我で戦線離脱。以降、ウォレスはチームの得点源として活躍し、平均15.2得点というチームトップの成績を残した。また、この年は前年よりもディフェンスが強化され、スティールは平均2.5個でリーグ1位を記録。リバウンドやブロックショットにおいてもスモールフォワードの選手の中では上位であり、特に目立った成績を残した。



2009-10シーズンはエースとして得点、リバウンドでチームトップを記録。ボブキャッツのプレーオフ初進出に大きく貢献した。



プレイスタイル>
非常に身体能力が高いスモールフォワードである。オフェンスとディフェンスの両面において、特にローポスト(ゴール付近)に強い。跳躍力があるためにダンクシュートやブロックを得意にしており、またスピード力もありスティールを多く記録する。ローポストに切り込んでのレイアップシュート、ダンクシュートが多く、逆に弱点はジャンプシュートでありどちらかと言えばプレースタイルはパワーフォワードに近い。故障がちな一面もある。