[ 2010年01月24日 ]

忍者ディフェンス

忍者ディフェンスとは、バスケットボール女子日本代表が1970年代にゾーンディフェンスを主体に変幻自在のディフェンスをしていたことで呼ばれた名称。
忍者ディフェンスとマッハ攻撃で、1970年アジア選手権優勝、1975年世界選手権準優勝、1976年モントリオールオリンピック5位の快挙を成し遂げた。


Theory(バスケ理論)へ
Words(バスケ用語集)へ
Players(Youtube)へ
Writen by KIM Soo-heon from 大手町一家バスケットボールクラブチーム