[ 2012年04月06日 ]

シャッフルオフェンス(shuffle offence)

シャッフルオフェンスとは、攻めるサイドを変えていくオフェンスのこと。
または、オフェンスのコンビネーションプレイのこと。
ウイングからトップを経由して逆サイドにパスして、同時にハイポストのスクリーンを利用して、ウイングがゴールカットするプレイのこと。


①1番が2番にパス。
②3
はヘルプサイドのローポストに位置して、1から2にパスされた時、3は逆サイドのローポストからインサイドにフェイクしてからアウトサイドに飛び出して2からパスを受ける。 
③3番はパスを受けたならば、バスケットに正対して素早いドライブインか高確率のジャンプシュートを狙う。 
④1番はパスした後、2から3にパスされる間、3がドライブインできるようにタイミングを合わせて、自分のディフェンスが5(ポストマン)のスクリーンにかかるようにバスケットに向かってカットインして、3からパスを受けてレイアップシュートを狙う。