[ 2010年04月09日 ]

ジョシュ・スミス(Josh Smith)

ジョシュ・スミス(Josh Smith)

ジョシュ・スミス(Joshua (Josh) Smith、1985年12月5日 - )は、アメリカ合衆国のバスケットボール選手。ジョージア州カレッジパーク出身。アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAのアトランタ・ホークス所属のバスケットボール選手。身長206cm。体重109kg。ポジションはスモールフォワード、パワーフォワード。



学生時代>
バージニア州のオークヒル高校でプレイしたスミスは、最終学年の2003-04シーズンには25.8得点7.4リバウンド6.0ブロック3.0スティールの成績を残し、チームを38戦全勝に導いた。同校はUSAトゥデイ紙により全米1位にランクされた。スミス自身はマクドナルドやパレード誌選出のオールアメリカンチームに選ばれ、ネイスミス賞では最終候補にまで残った。多くの高校オールスターゲームにも参加し、ナイキホープサミットでは27得点を記録して大会MVPを獲得した。高校通算980得点は、オークヒル高校の新記録となった。学業でも優秀だったスミスは、最終学年にはオークヒルのアカデミック・アワードに選ばれている。



<アトランタ・ホークス>
高校卒業後は大学に進学せず、直接2004年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、1巡目17位でアトランタ・ホークスに指名された。1年目の2004-05シーズンは、74試合中59試合に先発出場し平均9.7得点6.2リバウンド2.0ブロックを記録し、オールルーキーセカンドチームに選出された。また2005年のNBAオールスター・スラムダンクコンテストに出場。ドミニク・ウィルキンスの背番号21を着るパフォーマンスも見せ、圧倒的な身体能力を見せ付けて優勝を果たした。



ルーキーシーズン以後は圧倒的な身体能力から繰り出されるダンクやブロックはファンの目を楽しませる一方で、他のスキルが乏しく、「ダンクだけの選手」というレッテルが定着しつつあった。スミスはそんな周囲の雑音を打ち消すためにも、特にジャンプショットの改善に努め、得点力をアップさせた。一方得意のブロックはNBA2年目にして早くもリーグ屈指の実力者となり、3年目の2006-07シーズンには16.4得点8.6リバウンド2.9ブロックの成績を残し、平均ブロック数はリーグ2位にランクされた。ブロックのほか、リバウンド、スティールでもリーグ20位以内に入っている。



この時期のホークスは長い低迷期に入っており、チームは若手選手の育成に力を注ぐ形で再建に取り組んでいた。スミスも成長が期待される若手選手の一人だったが、チームの取り組みが最初に実を結んだのが2007-08シーズンだった。このシーズンもスミスは17.2得点8.2リバウンド2.8ブロックと好成績を維持し、チームは若手選手の成長に押される形で8シーズンぶりにプレーオフ進出を果たした。



プレイスタイル>
トップアスリートが集まるNBAの中でも屈指の身体能力を誇り、天賦の才から繰り出されるダンクやブロックは圧巻。ガード並みのクイックネスを持ちながら、年を追うごとに筋力がアップしており、パワーフォワードとしても申し分ない体格の持ち主である。