[ 2016年01月11日 ]

あけおざ、ことちょろっす、結局は主体性

あんにょん
大手町一家#99です。



あけおざっす。
今、気になるのは、
TPPと電力自由化とマイナンバーです。
研究して、専門サイトでも作ろうと思います。

さて、
バスケからは外れますが、
主体性であるかないかの差がどれくらい違うかと言うと、

【マインドチェンジ】
受動的(従属的) ⇒ 主体的
行動が受け身(反射) ⇒ 行動が能動的(選択)
結果は出来事 ⇒ 結果は選択による帰結

上記の形を続けると
・失敗した場合の感想
〇〇のせいで失敗した。
今回は運が悪かった。

今回はこう失敗したから、次はこうしよう。(レベルアップを促す)

・不得意分野の感想
環境が悪いからできない。

勉強して克服しよう。
得意な人に任せてみよう。

・責任
私には責任がないから仕方ない。

私の責任だから、なんとしても成功しよう。
不足している部分は勉強して、埋めていこう。

上記のように、 常に常に常に、
主体的であることを 意識し続けると、
1年後には全く違う自分になります。

日々精進・継続は力なり
「1%の努力を1年続けると、1年後には37.8倍の力を身に着ける」
「1%の怠慢が1年続くと、1年後には自分の力が1/33になる」

まぁ、1年後の私を見ておいてください。
バスケ以外で、結果を出していきますよ!!

 



【今週の試合結果】2016年1勝0負1分
1/11(月祝)COSMOS 73-73 TOKYO UNITED(江東区三部)
1/17(日)国際電子テラキャッツ 59-36 SWISH(中央区一部一回戦)

一発目だけど、今年で一番楽しい試合だったw
さて、現状だとバスケが、
第四領域(詳しくは7つの習慣で)になってしまいつつあるので、
第二領域に持っていけるように意識します。

どうゆうことかっていうと、
バスケの時間を短縮し、
バスケ以外のレベルアップにつながるよう、
能動的にバスケを変化させて行きます!
 


次の記事(伝説のから揚げ)へ
前の記事(朝活はじめました)へ
記事一覧へ