[ 2015年06月22日 ]

スクリーンザスクリナー(screen the screneer)

スクリーン・ザ・スクリナー(screen the screneer)とは、スクリーンのかけかたの一種のこと。

オフェンスが味方選手をフリーにするために、スクリーナーとなり、スクリーンをかけにいった後、別のスクリーンをもらい、ユーザーとなる技術。

スクリーンをもらったユーザーがそのままスクリナーになる二人で完結するタイプと、最初のユーザーとは別の味方がスクリナーになる三人で行うタイプがある。

ディフェンス側は、最初のスクリーンに、ファイトオーバーやスライドスルー、スイッチなどの対応をするために、別のスクリーンをセットされると、ひっかりやすい。
反面、狭いエリアに選手が密集するので、素早く動かないとスペーシングを確保できなくなる。