[ 2015年02月12日 ]

どうした荒川区?

あんにょん
大手町一家#99です。



荒川区といえば、
審判はハーフパンツでOK、
ユニフォームも揃わなくても仕方ないね、
レベルも決して高くなく、
みんなで平均的にプレイタイムをシェアしてもベスト4までは狙えちゃう。
女子も数チームしかなくて、
トーナメントができないからリーグ戦。

そんな感じにいい意味で、
みんなで楽しめる、
ゆるい大会だったのですが、
今回は様相が一変しました。

区民大会の一部決勝レベルの試合の、
二回戦、三回戦でした。

二回戦のOKクラブは老舗の強豪チームですが、
今回は「都民大会かよっ」てメンバーだし、
三回戦は弥生クラブメンバーで臨んできた力組。
いずれの試合も、
シーソーゲームを繰り広げ、
残り一分からの逆転勝利で、
激しいダブルヘッダーを制しました。

非常に濃密で楽しい一日でしたが、
一点だけ気になったのが、
帯同審判に対する意識の甘さ。

チームで吹ける人がいなかったのなら仕方ありませんが、
老舗の強豪チームで、
ちゃんと吹けそうな人がいっぱいいそうな中、
いかにも吹けません、
「初めて大会の審判やります」
って感じの審判が出てきて、

・・・走らない。
ヴィジブルカウントもしない。
立ち位置が明らかにおかしい。
誰かが文句を言うと判定が覆る。
何のファウルかを聞いても答えられない。
勿論、吹けない。

審判担当チームの方に、
吹ける方を出すよう依頼したら、
「レフェリカッターを着せているので大丈夫」とのこと。

一生懸命吹いてくれたとは思うので、
審判個人を責めることはできませんが、
審判担当チームには、
ゲームレベルに合わせた審判を出せるよう、
考慮する必要はあったと思います。

プレイヤーも、
審判の笛に合わせたプレイができるよう、
調整することは必要ですが、
審判もテーブルオフィシャルもモップも、
プレイヤーと同じ気持ちで試合に臨んでくれるとうれしいです。


愚痴になってしまってすみません。


【2015年荒川区男子冬季大会

一回戦
六籠会 58-50 SWAT
Gorila 69-43 ADEKA
BONZO 56-54 BUNRIN
Salud 40-64 荒川ライトニングス
OKクラブ 75-47 SCRATCH
力組 86-25 KIDS MEAL
籠球侍Z 29-100 トレイニー
皇潤 54-48 猿王
ピースエンジェルス 59-64 ショッカーズ
JAM 69-39 E-TEAM
MIX10’S 71-48 マニスSP
荒川区役所 36-59 さくら
ペンタゴン 69-47 ネオハイローズ
ダウンタウンキッズ 41-35 ナイトクラブ

・二回戦
わたなべ 45-61 六籠会
Gorilla 54-61 BONZO
荒川ライトニングス 49-43 OKクラブ
力組 69-49 トレイニー
皇潤 62-55 ショッカーズ
JAM 51-50 MIX10’S
さくら 58-68 ペンタゴン
ダウンタウンキッズ 30-54 オールドキャッツ

・準々決勝
六籠会 68-42 BONZO
荒川ライトニングス 53-49 力組
皇潤 45-53 JAM
ペンタゴン 48-50 オールドキャッツ

・準決勝&決勝(2/22)
六籠会 - 荒川ライトニングス
JAM - オールドキャッツ


残り二戦頑張りましょう!
 



【今週の試合結果】2015年11勝3負
2/11(水祝)荒川ライトニングス〇49-43×OKクラブ(荒川区二回戦)
2/11(水祝)荒川ライトニングス〇53-49×力組(荒川区準々決勝)
2/11(水祝)ZOSAN〇68-48×GTG(杉並区)

土曜から9連勝中!
多分、人生で初めてですw



次の記事(冬季二冠)へ
前の記事(キセキの世代のとある休日)へ
記事一覧へ