[ 2014年11月27日 ]

ビッグスリー(big 3)

NBAでは、リーグを代表する選手が3人揃うと、しばしばメディアなどで「ビッグスリー」などと呼び、注目を集めることがある。

近年では、下記のビッグ3が有名である。

マイアミ・ヒート(2012・2013チャンピオン)
レブロン・ジェームス
ドウェイン・ウェイド
クリス・ボッシュ

ボストン・セルティックス(2008チャンピオン)
ケビン・ガーネット
ポール・ピアース
レイ・アレン

上記の二例は、エースの移籍により誕生したビッグスリーだが、下記のように生え抜き選手により形成されるビッグスリーも存在する。

サンアントニオ・スパーズ(2003・2005・2007・2014チャンピオン)
ティム・ダンカン
トニー・パーカー
エマニュエル・ジノビリ