[ 2014年07月01日 ]

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

あんにょん!
大手町一家#99です。

紀元前500年頃、
中国の思想家に
「孫武」という方がいました。

孫武の登場以前の中国では、
戦争の勝敗は天運に左右される。
という考え方が真面目にされていたそうですが、
孫武が、
戦争に勝った理由、
負けた理由を分析し、
「孫子の兵法」と呼ばれる書物を完成させて、
勝敗にちゃんとした理由があることが、
論理的に証明されるようになりました。

なかでも、
有名な言葉にこのようなものがあります。
「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

意味は、
「敵と味方の情勢を知り、
お互いの長所と短所を把握して、
有効活用すれば、
何回戦ったとしても、
負けることはない」
ということです。

バスケットボールにおいても、
通ずる部分はあります。
自分達のスタイルを貫くことも大事かもしれませんが、

「相手の長所と短所を分析して、
勝てる部分で勝負する。」

これが出来るだけでも、
勝率をあげることができます。

色んなスタイルのチームが混在する、
クラブチームでは顕著ですね。

例えば、
・個人能力が高いけど、
1対1が主体のチームはゾーンを敷くだけで、
勝手に壊滅していくことがあります。

・めちゃくちゃ上手い選手が一人だけいて、
どうやっても止めれないなら、
そこだけ徹底的フェイスガードして、
他の四人に攻めさせる。

・セーフティーの役割がいないチームで、
リバウンドが勝てるなら、
フライングスタートするプレイヤーをあえて置く。

などなど、
色々と対応できますね。

バスケはチームスポーツであるがゆえ、
実力的に劣っていても、
戦術と気持ちで、
十分に勝てるチャンスがあります。


そんななか、
ほぼ外国人で構成されたチームと、
区民大会で当たりました。

当日は、
こちらもメンバーが集まらず、
かなりの実力差がありました。

試合結果は、
トリプルスコアでボコボコにされましたw

う~ん、
バスケットボールで一番大事なのは、
スカウティングではなく、
リクルートですね、
間違いないw

もう少し実力差が近ければ、
何とかできたかもしれませんが。
今回は、全く役に立たない話でした。




【今週の試合結果】
6/29(日)COSMOS〇36-107×ZenBalls(品川区一部)

昔、中央区で115-4で勝ったことがありますが、
トリプルスコアで負けたのは始めです!
本気出せば30点差ぐらいまでは詰めれたと思いますが、
今は育成の時期なので仕方なし。

よって、悔しくなし。
全然悔しくなし。
これっぽっちも悔しくなし。
はな・とぅる・せい!や~!ドン!


 
次の記事(デュエル)へ
前の記事(ガードは守る人、フォワードは攻める人)へ
記事一覧へ