[ 2010年03月25日 ]

JBL、JBL2、WJBL概要

<JBL>
JBLとは日本バスケットボールリーグ(Japan Basketball League)のことで、2007年に設立された日本最高峰のプロバスケットボールリーグのことです。


<JBL所属チーム(2010年現在)>
・レラカムイ北海道 (主なプレイヤー、#8山田大治、#9折茂武彦)
・リンク栃木ブレックス(主なプレイヤー、#0田臥勇太、#1川村卓也)
・日立サンロッカーズ (主なプレイヤー、#15竹内譲次)
・東芝ブレイブサンダース(主なプレイヤー、#0石崎巧、#13菊地祥平)
・トヨタ自動車アルバルク  (主なプレイヤー、#1五十嵐圭、#10岡田優介)
・アイシンシーホース  (主なプレイヤー、#3柏木真介、#10竹内公輔、#32桜木ジェイアール)
・三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ (主なプレイヤー、#11鵜澤潤)
・パナソニックトライアンズ (主なプレイヤー、#1木下博之、#31青野文彦)




<JBL2>
JBL2とは、日本バスケットボールリーグ2部機構(Japan Basketball League2)のことで、JBLの下部組織ですが、JBLとの入れ替えはありません。


<JBL2所属チームおよび2009-2010シーズン成績>
優勝(2年連続2回目)、豊田通商ファイティングイーグルス(21勝0敗)
準優勝、石川ブルースパークス(15勝6敗)
3位、アイシン・エィ・ダブリュアレイオンズ安城(14勝7敗)
4位、日立電線ブルドッグス(11勝10敗)
5位、黒田電気ブリットスピリッツ(11勝10敗)
6位、レノヴァ鹿児島(6勝15敗)
7位、豊田合成スコーピオンズ(5勝16敗)
8位、ビッグブルー東京(1勝20敗)

MVP(豊田通商#1宮崎恭行)


<WJBL>
WJBLとは女子バスケットボール日本リーグ機構(Women's Japan Basketball League Organization)のことで、日本の女子実業団のトップクラスのチームによって行う「Wリーグ」と「W1リーグ」を管轄する組織です。
Wリーグの最下位とW1リーグの優勝チームが3戦2先勝方式で入れ替え試合を行います。


<Wリーグ所属チーム(2010年現在)>
・富士通レッドウェーブ(神奈川県川崎市)
・JOMOサンフラワーズ(千葉県柏市)
・トヨタ自動車アンテロープス(愛知県名古屋市)
・シャンソン化粧品シャンソンVマジック(静岡県静岡市)
・アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス(愛知県安城市)
・日本航空JALラビッツ(東京都)
・デンソーアイリス(愛知県刈谷市)
・三菱電機コアラーズ(愛知県名古屋市)



<W1リーグ所属チーム(2010年現在)>
・日立ハイテク クーガーズ(茨城県ひたちなか市)
・トヨタ紡織サンシャインラビッツ(愛知県刈谷市)
・エバラヴィッキーズ(東京都)
・ビッグブルー東京(東京都)
・山梨クィーンビーズ(山梨県甲斐市)


<参考文献>
JBL
JBL2
WJBL

Theory-バスケ理論へ