[ 2012年07月23日 ]

オンザライン(on the line)、アップザライン(up the line)

オンザライン、またはアップザラインとは、ボールマンとマークマン(非ボール保持者)を仮想線で結び(パスライン)、その仮想線上にポジションを取ること。

オンザラインもフラットトライアングルも同じディナイディフェンスであるが、オンザラインの方がより積極的なディフェンスである。

オンザラインはパスライン上に立つ為に常に首を動かさないとボールマンとマークマンの両方を視野に捉える事ができないのに対して、フラットトライアングルはディナイしつつも両方が視野に収まるので、マークマンを見失うリスクが軽減される。
しかし、フラットトライアングルであっても、マークマンやボールマンが移動すると、結局は首を動かさないと両方を視野に捉えることが出来ないので、最初からオンザラインのポジションに立ち、首を振りながらマークした方がボールマンのパスコースもつぶすことが出来るので、推奨されつつある。

オン・ザ・ライン⇔フラット・トライアングル