[ 2012年05月24日 ]

トニー・アレン(Tony Allen)

トニー・アレン(Tony Allen)
トニー・アレン(Tony Allen, 本名Anthony Allen 1982年1月11日-)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のバスケットボール選手。NBAのメンフィス・グリズリーズに所属している。身長193cm、体重97kg、ポジションはガード。



経歴
オクラホマ州立大学で4年間プレーした後、2004年のNBAドラフトでボストン・セルティックスより1順目全体25位で指名を受けNBA入りを果たす。
ルーキーシーズンは77試合に出場(うち34試合に先発出場)を果たし、1試合平均6.4得点2.9リバウンドをマークした。
2年目となった05-06シーズンは平均得点を7.2得点に伸ばしたものの51試合の出場に止まる。



3年目の06-07シーズンはキャリアハイとなる1試合30得点を挙げるなど好調なプレーを見せたが1月10日のインディアナ・ペイサーズ戦で膝の靭帯を断裂する大怪我負い、そのままシーズンを終える。1試合平均11.5得点、3.8リバウンド、1.7アシスト、1.5スティール、FG成功率51.4%、FT成功率78.4%など自己最高の成績を残していたが33試合出場に終わった。
4年目の07-08シーズンには怪我を完治させて75試合に出場。しかし、新加入のレイ・アレンやジェームズ・ポージーに出場時間を奪われる形となって、前年より数字を落とした。イースタン・カンファレンスカンファレンスファイナルでアキレス腱を痛めたため、NBAファイナル第1戦は欠場した。チームとしては22年ぶりの優勝を決め、アレンもファイナルの最終戦では豪快なアリウープを決めるなど会場を盛り上げた。



プレースタイル
運動能力に長けているため、ゴールへ向かい積極的にアタックしていく。ジャンプシュートはあまり得意としていない。
ディフェンス能力が優れており、キャリア平均18.9分の出場ながら1.1スティールを決めている。