[ 2012年05月15日 ]

ツーミニッツピリオド(two minutes period)

ツーミニッツピリオド(two minutes period)とは、第4クォーター(および各延長)の残り2分のこと。

この時間帯に限り下記のことが追加される。
・得点が入ったら、コート内のプレイヤーに触れるまで時間が止まる。
・ボールを保持しているチームがタイムアウトを取った場合、スローインサイドラインからフリースローを再開する。
・シュートを決められたチームは選手交代が出来る。
・スローインするプレイヤーがボールを手放す前に攻撃側プレイヤーに防御側プレイヤーが起こした触れ合いはアンスポーツマンライクファウルとなる。(アウェイフロムザプレイファウル

また、NBAやbjリーグでは、ツーミニッツピリオドでタイムアウトを取った場合は、バックコートにもパスが出せる。FIBAではフロントコートに進んだことになるので、フロントコートにしかパスを出せない。