[ 2010年03月15日 ]

フックシュートファンダメンタル

セットシュート系
ジュンプシュート系
ランニングシュート系
フックシュート系
ステップシュート系
ダンクシュート系


シュートファンダメンタルのフックシュート編です。


<フックシュート>
フックシュートとは、ゴール下あるいは、ゴール近辺において行う、片手でリリースするシュートのことです。
ディフェンダーに対して体の幅とヘルプハンドを使って、ディフェンスをブロックした状態でシュートします。
ボールを放つ際、腕の形がフック状になることからフックシュートと呼ばれます。



<フックシュートのポイント>
・空中姿勢が一本の棒のようになっているようにします。

・腕を大きく回しながら肘を完全に伸ばし、最頂点でボールをリリースします。

・体をバスケット方向に少し傾け、ディフェンスから遠ざかったり、横に流れないようにします。



<フックシュートの種類>
・ベビーフックシュート
ベビーフックとは、シュートモーションを小さくし、手首と指先のスナップだけでリリースするフックシュートのことです。

・ジャンプフックシュート
ジャンプフックとは、ジャンプしながらリリースするフックシュートのことです。

・スカイフックシュート
スカイフックとは、リングよりも高い位置でリリースする、打点の高いフックシュートのことです。通常、触ることが出来ず、触ってもゴールテンディングとなってしまうので、事実上、止めることは不可能なシュート。
スカイフックは、NBAのカリーム・アブドゥル=ジャバーの得意技です。アブドゥル=ジャバーが大学時代、長身選手に有利にならないようにダンクシュートを禁止され、その際にスカイフックを編み出した技です。



<参考文献>
書物:バスケットボール指導教本(日本バスケットボール協会)

Theory-バスケ理論へ