[ 2012年03月06日 ]

マイカンドリル(トレーニング)

ゴール下のシュート力をあげる練習にマイカンドリルというトレーニング方法があります。

<マイカン・ドリルとは>
NBAにかつてジョージ・マイカンというスーパーセンターがいました。
マイカンが落ちてくるボールを全部ブロックしてしまうから「ゴールテンディング」が導入され、マイカンをリング近くから追い出す為に「制限区域が倍」に拡大され、マイカンがいたら絶対に勝てないから、リードした瞬間相手チームがゲーム終了までボールを保持し続けるようになり「ショットクロック」が設定されたと言われるほどの選手です。 
そんなマイカンが大学時代から引退するまで徹底的に反復練習をしたのがゴール下のシュートです。かれの名前をちなんでマイカンドリルと呼ばれるようになりました。


<ポイント>
マイカンドリルでは、「指先の感覚」と「バックボードの使い方」を学ぶことができます。
練習の際は、下記の4つを意識してみてください。
・キャッチした時のボールはできるだけ高い位置に(胸より上)に置く。
・指先とスナップを意識し上手にボールを扱う。
・ステップはスムーズにリズム良くする。
・バックボードの色々な位置にボールを当てる。


<練習方法>
練習方法としては、下記の4種類があります。
・ノーマル(レイアップ、フック)
・リバース(バックシュート)
・2ボールノーマル(ノーマルの応用編)
・2ボールリバース(ノーマルの応用編)



是非チャレンジしてみてください。