[ 2010年03月12日 ]

ペジャ・ストヤコヴィッチ(Peja Stojakovic)




プレドラグ・ストヤコヴィッチ(Predrag "Peja" Stojakovic)、1977年7月9日-)はセルビアのバスケットボール選手である。現クロアチア(当時ユーゴスラビア)のポジェガ出身。北米プロバスケットボールリーグNBAのニューオーリンズ・ホーネッツに所属している。ポジションはスモールフォワード。身長208cm、体重103.9kg。NBAでの登録名(ファーストネーム)は、彼の愛称から「Peja(ペジャ)」。日本でもペジャ・ストヤコヴィッチの名前で親しまれている。



NBA以前>
ユーゴスラビア紛争の間、家族でベオグラードに避難した過去を持つ。ちなみにベオグラードはバスケットボールの盛んな街で、プロチームも存在する。1993年、ストヤコビッチが16歳の時に、よりバスケットボールの環境に優れたギリシャに移住。テッサロニキに移り、16歳の若さにしてギリシャ・リーグのPAOK BCと契約した。また同年、ギリシャの市民権も得ている。

1996年のNBAドラフトによりサクラメント・キングスから1巡目(全体14位)指名を受けるが、1998-99シーズンの前にキングスと契約するまで、PAOK BCでのプレーを続けた。



<サクラメント・キングス>
1998-99シーズンのNBAデビューから2シーズンは、主にベンチからの出場が続いた。
2000年のシドニー五輪にユーゴスラビア代表として出場。
2000-01シーズンになると先発に抜擢。平均得点、平均リバウンド、3Pシュート成功数など、各カテゴリにおいて成績は急上昇し、次第にキングスにとって欠かせない存在に成長した。その年のMIP(最も成長した選手)の受賞こそ逃したものの、トレイシー・マグレディに次ぐ第2位だった。2001年、トルコで開催されたバスケットボール欧州選手権にユーゴスラビア代表として出場し、優勝を果たした。2001-02シーズンは初めてNBAオールスターゲームに出場するなど、更なる飛躍のシーズンになった。成績の上昇は著しく、特にシュート成功率は48.4%を記録するなど、NBA屈指のシューターとして、その地位を確固たるものにした。またチームもプレーオフのカンファレンスファイナルに進出。ストヤコビッチの貢献は非常に大きいものがあった。

2002年にはアメリカ合衆国のインディアナ州インディアナポリスで開催されたバスケットボール世界選手権に出場。強豪アメリカを破るなど、ヨーロッパ選手権に引き続いて優勝した。2002-03シーズンもストヤコビッチはオールスターゲームに出場。本戦の前日に行われる3Pシュートコンテストでは2年連続優勝を果たした。続く2シーズン、2004-05シーズンまで、ストヤコビッチはキングスの中心選手として活躍。しかしながらチーム成績は年々下降を辿り、キングスはメンバーの再編が迫られることになった。



<インディアナ・ペイサーズ>
2005-06シーズンは開幕から不調が続き、波に乗れない状態が続いていた。キングスは彼の放出を決断し、ロン・アーテストとのトレードで、シーズン途中にインディアナ・ペイサーズに移籍した。移籍後、ペイサーズのチーム平均得点は上昇。自身も輝きを取り戻し、チームもプレーオフに進出した。しかしニュージャージー・ネッツ相手に1回戦敗退を喫し、ストヤコビッチはそのままフリーエージェントとなって去就が注目されることになった。



<ニューオーリンズ・ホーネッツ>
当初は残留(再契約)を望んでいたものの、結局、長期契約でニューオーリンズ・ホーネッツへの移籍が決定した。

2006年、日本で開催されたバスケットボール世界選手権ではセルビア・モンテネグロ代表としての出場が見込まれていたが、チームが若い世代への再編時期だということもあり、辞退を申し出た。2006-07シーズンは怪我の影響で開幕からわずか13試合出場しただけに留まり、大きな期待を裏切る結果となった。



<プレイスタイル>
ポジションはスモールフォワードだが、NBA屈指のシューターとして知られる。長いキャリアにおいて成功率4割を誇るヨーロッパ仕込みの3Pシュートは最強の武器である。2007-08シーズンにはリーグ2位の231本もの3ポイントシュートを成功させた。またフリースローの正確さは正に驚異的で、キャリアを通じても9割近い数字を残している。さらに208cmという長身を生かしてリバウンドなどディフェンス面でも積極的な姿が見受けられる。近年は故障がちで成績が下降気味であるが、チームリーダーとしてチームを牽引する働きに期待が掛かっている。

<その他>
・妻はギリシャ人ファッションモデルのアレカ・カミラ(Aleka Kamila)。2人の子供がいる。

・フリースローの成功確率(.894)は2006年時点でNBA歴代4位。また3Pシュートの成功確率(.399)は2006年時点でNBA歴代24位。