[ 2012年01月13日 ]

シューティングウィンドウ(shooting windows)

シューティングウィンドウ(shooting windows)とは、ワンハンドシュート時にボールを持ち上げた状態で、視界を確保すること。
または、その状態の視界のこと。

ボールを体の中央に持っていくと、シューティングウィンドウが狭くなるので、ボールは利き手の腕を素直に前に出した状態の方が良いと言われている。
※人によって、手の長さや身体の状況が違うので、一概には言えない。
 

     ア行・カ行
    
     サ行・タ行
    
     ナ行・ハ行
    
     マ行・ヤ行
  
     ラ行・ワ行