[ 2010年02月18日 ]

アンスポーツマンライクファウル解説

バスケットボールのルールのファウル編のアンスポーツマンライクファイル、通称アンスポについてです。ファウルゲーム時にはアンスポにならないように気をつけてくださいね。


<アンスポーツマンライクファウル(第36条)>
本来、バスケットボールはボールに対してプレイしないといけません、これを「
ノーマルプレイ」と呼びます。
アンスポーツマンライクファウルとは、ボールに正当にプレイしていないと審判が判断したパーソナルファウルなどのことです。


<不当なプレイの例>
・速攻が出る間際に、わざとファウルしてプレイを止めようとするファウル。

・速攻の際、後方から接触するファウル、または速攻を止めるための故意の接触。

・シュートの最中に相手の体を押すことでボディーバランスを崩すファウル。(通常のPF扱いの方が相応しいです)

・相手の着地点に足を出し、転ばしたり、捻挫させるファウル。


<ハードファウル>
ノーマルプレイであっても、起こしたファウルが異常に激しいものだったときにはハードファウルと判定されて、アンスポーツマンライクファウルとなります。


<アンスポーツマンライクファウルの罰則>
フリースロー二投(3Pなら三投)および、ファウルされたチームの
センターラインからのスローインで再開されます。
ファウル時に放ったシュートが入った場合はカウントされて、フリースローは一投となります。


<アンスポーツマンライクファウルの個人への罰則>
パーソナルファウルが1個記録され、1試合を通してアンスポーツマンライクファウル、テクニカルファウルが2個になると退場となります。


<アンスポーツマンライクファウルのジェスチャー>
手首を握って頭上に上げます。


<参考文献>
書物:バスケットボール競技規則2009(日本バスケットボール協会)

Theory-バスケ理論へ