[ 2010年01月10日 ]

ラピッドファイアーシューティング(トレーニング)

速射という意味のラピッドファイヤーのシューティングドリルです。通常、2~3人で組みます。主にペリメーター(ゴール周辺)付近で二ヶ所の場所を指定し、二ヶ所交互に移動してミートシュートします。
例えば
エルボー(フリースローラインの端近辺)でボールーを受け取りシュートしたら、シューターは反対側のエルボーに移動してボールを受け取りシュートします。 10本成功したら次のプレーヤーと交代します。
エルボー⇔エルボーの他にエルボー⇔コーナーなど、位置を変えてやると効果的です。 実戦ではペリメーターと呼ばれるゴール周辺でのシュート成功率が大事になってきます。


ラピッドファイヤーシューティングを動画で見る


<参考文献>
ベースボール・マガジン社

Theory-バスケ理論へ