[ 2010年02月06日 ]

バンクシュート

バンクシュートとは、バックボードに当てて狙うシュート。
真横からの水平にボールを投げても(0度)シュートは絶対に入らない。角度がつけば付くほどゴールの面積が増えていくのでシュートが入り易やすくなり、最も入りやすいのは真上(90度)となる。真上からボールを落とすことは出来ないが、バックボードに当てると、角度を90度に近づけるために、シュートが入りやすくなる。
銀行(bank)に預けておくほど確実という意味から来ている。

セットシュートをもっと詳しく
ジュンプシュートをもっと詳しく


Theory(バスケ理論)へ
Words(バスケ用語集)へ
Players(Youtube)へ
Writen by KIM Soo-heon from大手町一家バスケットボールクラブチーム