[ 2010年02月04日 ]

パスファンダメンタル

パスは、一人で練習できないので、シュートやドリブルと比べると上達しにくいですが、チームプレーを支える重要な技術ですよね。逆を言うと、パスはチームワークの成熟度を示す指標でもあります。パスも疎かにせず、基本原則と種類をしっかりと覚えましょう。
特に高さで勝負できないチームは平面での勝負に持ち込むためにパス技術の習得は必須です!


<パスの基本原則>
・優先順位
トリプルスレットの優先順位は、イージーシュート>パス>ドリブル>シュートです。ドリブルよりも早く、安全だという認識をして、パスの重要性をしっかりと理解してください。

・視野
ゴールを中心に全体を視に入れて、味方よりもディフェンスを中心に見ます。パスをする時はノールックパスを心掛けます。

・フェイク
単にパスまわしをするだけだと、ディフェンスを崩すことができません。シュートフェイクやパスフェイクやカットインを組み入れ、ディフェンスを混乱させます。

・スピン
パスを出す時には手の平が、外側を向くように手が回転します。これを回内と呼びます。
パスを出し終わった時の両手の形を、手の甲が向き合うようにすると、適度なバックスピンがかかり、強く、速く、正確なパスが出せるようになります。

・ターゲット
ポストにパスする場合(ポストフィードパス)は、シールしているプレイヤーのディフェンスから遠い側にターゲットハンドをあげさせ、リードパスをする。


<ボールを出す体の部分に着目>
ここからはパスの種類を解説します。
同じパスでも着眼点によって色々な呼び方をされます。それぞれの意味を理解しておくことが大切です。

・チェストパス
胸の位置から出すパス

・ショルダーパス
野球の投球のように、肩の位置から出すパス。


・オーバーヘッドパス
サッカーのスローインのように、頭上の位置から出すパス。


・サイドハンドパス
バウンドパスの時に使う、サイドに腕を伸ばして出すパス。

・アンダーハンドパス
近い距離の味方にパスする時に使う、下からひょいと押し出すパス。

スコップパス
ドリブルからボールを握り直さずに直接出すアンダーハンドパス。

・ビハインドザバックパス
ボールを体の後にまわして出すパス。


・エルボーパス
ビハインドザバックパスと思わせて肘でぶつけ反対側に放るトリッキーパス。ただし、ボールを故意に叩いているので、審判の判断でバイオレーションになることもあり、難易度が高い割には効果が薄いパスです。


<ボールを出す手の動きに着目>
プッシュパス
ボールを押し出すパス。

・スナップパス
手首のスナップだけで出すパス。

・フックパス
腕を伸ばした状態で、手首を使って出すパス。


・タップパス
パスをキャッチせず、てのひらで叩いて出すパス。

・ハンドオフパス
手から手に直接手渡すパス。
パッサーはボールを両手で上下に構え、レシーバーがブラッシングしながらボールを奪い取るようにするのがコツ。

・フリップパス
近い距離に放る時に使う、はじきだすパス。

・ワンハンドパス
片手で出すパス。


<ボールの軌道に着目>
・バウンドパス
床をはねるパス。

・ループパス
山なりのパス。

スピンパス
ボールに強い回転をかけて床に弾ませて、方向や高低を変えるパス。


<ボールを出すときの体全体の特徴に着目>
・ジャンプパス
ジャンプして出すパス。

・ノールックパス
ターゲットを見ずに投げるパス。



<ボールの届く場所に着目>
・スポットパス
ディフェンスとディフェンスの間など、小さい点を狙ったパス。

・ポストフィードパス
ポストマンへ出すパス。

・ブラインドサイドパス
相手の見えない側へ出すパス。

・ショートパス
隣のプレイヤーに出すパス。

・スキップパス
ツーパスアウェイポジションに出すパス。


<チーム戦術に着目>
・スイングパス
コートを横断するパス。

・サイドチェンジパス
コートの攻める側を変えるパス。

・フォーコーナーパス
フロントコーナーの四つ角を使って時間稼ぎするパス。


<ボールミート>
パスプレイはパッサーと同じくらい、レシーバーの役割も大事となります。レシーバーはパスが来るの待っているだけでなく、Vカットなどをしてボールミートをする必要があります。
パスの番外編としてボールミートのメリットを説明します。

・インターセプトを防ぐ
ボールの滞空時間とパスの距離が短くなるので、パスカット(インターセプト)される危険性を低く抑えられることになります。ボールが来るのを待つのではなく、迎えに行く習慣を持ちましょう。

・キヤッチ後の動作が速くなる
止まった状態でパスキャッチをするよりも、動きながらパスキャッチをすると、スピードよく、次の動作へ移行できます。シュートやドライブは勿論、パスも含めてトリプルスレットの脅威が増します。

・ディフェンスのマークを外す
Vカットなどと同様にボールミートは、オフェンスが動くので、ディフェンスも合わせて動きます。通常は、オフェンスの方が動き出しが速いので、タイミングよくスピードをつけたボールミートはディフェンスのマークを外すことも可能となります。マークが外れたらドライブインを狙っても、アウトサイドシュートも狙えます。



以上でパスおよびボールミートの説明を終わります。
社会人ではパスの練習をしているチームは少ないので、機会がある時は積極的にパスの練習をしましょう。その場合は「回内」を意識してやってみてください。


<参考文献>
書物:バスケットボール指導教本(日本バスケットボール協会)

Theory-バスケ理論へ