[ 2010年10月22日 ]

アンドリュー・ボーガット(Andrew Bogut)



アンドリュー・ボーガット(Andrew Bogut)ことアンドリュー・マイケル・ボーガット(Andrew Michael Bogut, 1984年11月28日 - )は、オーストラリアのプロバスケットボール選手。クロアチア系オーストラリア人。北米男子プロバスケットボールリーグNBAのミルウォーキー・バックス所属。ビクトリア州メルボルン出身。ポジションはセンター。身長213cm、体重117.9kg。姚明に次いで、外国人としては史上2人目のNBAドラフト1巡目1位指名選手。



<経歴>
両親がクロアチア移民のボーガットは、メルボルンのクロアチア・コミュニティで生まれ育った。

2003年の世界ジュニア選手権で母国を優勝に導き、MVPを受賞。

2004年にはアテネオリンピックでも平均14.8得点、平均8.8リバウンドと活躍。

その直後のNCAAでは20.4得点、12.2リバウンドの数字を残し、ウッデン賞、ネイスミス賞を始め04-05シーズンの大学MVPを総ナメにした。ユタ大学のレイ・ジアコレッティHCはボーガットを「彼はヨーロッパ人の技術と、アメリカ人のタフネスを兼ね備えたオーストラリア人選手」と形容した。



<NBA>
2005年のNBAドラフトで全体1位でミルウォーキー・バックスに指名されてプロ入り。1年目は全82試合に出場し、9.4得点、7.0リバウンド、2.3アシストを記録。チームのプレーオフ進出に貢献し、オールルーキー1stチームに選出された。

2年目には平均得点で2桁を記録し、3年目となった2007-08シーズンには平均14.3得点9.8リバウンドとほぼダブルダブルに近い数字を記録した。またブロックにおいては前シーズンの平均0.5から、リーグ9位となる1.7まで伸ばした。



2006年に日本で開催されたバスケットボール世界選手権にもオーストラリア代表として参加。6試合で12.8得点、6.2リバウンドを記録。ベスト8決定戦では、アメリカ代表を相手に20得点し大敗したチームの中で一人気を吐いた。



<プレイスタイル>
ローポストに強い7フッター(213cm)で、フィールドゴール成功率が高い。 またセンターとしては非常に高いハンドリング技術とパスセンスを兼ね備えている。