[ 2010年09月08日 ]

リアンドロ・バルボサ(Leandro Barbosa)



リアンドロ・バルボサ(Leandro Barbosa)ことリアンドロ・マテウス・バルボサ(Leandro Mateus Barbosa, 1982年11月28日 - )はブラジルのプロバスケットボール選手である。北米男子プロバスケットボールリーグNBAのフェニックス・サンズ所属。サンパウロ州サンパウロ出身。ポジションはポイントガード、シューティングガード。188cm、85kg。



<経歴>
NBA入り以前はブラジル国内のチームであるPalmierasやBauru Tilibraでプレイ。2002年にはブラジル代表として世界選手権に出場し、2006年には日本で開催された同大会のために来日している。



2003年のNBAドラフトにてサンアントニオ・スパーズより1巡目28位指名を受けるが、直後にフェニックス・サンズにトレードされる。バルボサがNBAで本格的に頭角を現し始めたのは、サンズにスティーブ・ナッシュが移籍してからであった。ナッシュが移籍した2004-2005シーズン、サンズはリーグでも最弱クラスのチームから最強クラスのチームへと生まれ変わった。サンズの今後は、MVPのナッシュを休ませるためのバックアップガードに掛かっていたが、バルボサにその期待が寄せられた。ナッシュが加わることによりもともとサンズのお家芸であったランアンドガンオフェンスにさらに磨きがかかり、ロングシュートを中心としたハイスコアゲームを展開するようになったサンズに、バルボサは完璧にフィットする。まずはシューターとしての才能を開花させ、2005-2006シーズンは3ポイントシュート成功率でリーグ3位にランクされた。持ち前のスピードも活かされるようになり、正確なロングシュートと素早いカットインを武器に、2006-2007シーズンにはチーム3番目となる18.1得点のアベレージを残し、シックスマン賞を受賞した。