[ 2010年08月27日 ]

ネイナド・クリスティッチ(Nenad Krstic)



ネナド・クリスティッチ(セルビア語: Ненад Крстић,英語: Nenad Krstić、1983年7月25日 - )は、セルビアのプロバスケットボール選手である。北米男子プロバスケットボールリーグNBAのオクラホマシティ・サンダー所属。ユーゴスラビア連邦セルビアのラシュカ郡クラリェヴォ出身。ポジションはセンター。213cm、118kg。



<経歴>
2002年のNBAドラフトでネッツから全体の24位指名を受ける。だが、実際にNBA入りを果たしたのは2年後の2004-2005シーズンからで、それまではセルビアのパルチザン・ベオグラードに所属していた。

ルーキーシーズンからインサイドでチームに貢献。1試合平均10.0得点5.3リバウンドの成績でオールルーキーセカンドチーム(そのシーズンの優秀な新人選手10人)に選出された。

翌シーズンは更なる成長を遂げ、1試合平均13.5得点6.4リバウンドの成績を残し、ヴィンス・カーター、ジェイソン・キッド、リチャード・ジェファーソンに次ぐ第四のプレイヤーとして、シーズン終盤のチーム記録となる14連勝の原動力となった。また、同シーズンのMIP(最も成長したプレーヤー)候補では3位にランクイン(1位はフェニックス・サンズのボリス・ディアウ)。

2006-2007シーズンは夏に行われた世界選手権の母国代表を辞退して臨み、更なる活躍を見せて平均得点はチーム2位を記録した。しかし12月22日のロサンゼルス・レイカーズ戦で左膝前十字じん帯断裂という大怪我を負い、その後のシーズンを棒に振る事態となった。

2008年、ロシア男子プロバスケットボールリーグスーパーリーグのトライアンフ・リュベルツィに移籍するも同年、オクラホマシティ・サンダーと契約しNBAに復帰した。



<プレイスタイル>
近年NBAで増加しつつあるヨーロッパ出身センターの1人であり、柔らかいシュートタッチでゴールから離れた場所からも得点できる。一方でゴール下でのポジション争いなど、フィジカルな能力を必要とする面での課題が残されている。