[ 2010年07月24日 ]

ブラッド・ミラー(Bradley Miller)



ブラッド・ミラー(Bradley Alan Miller, 1976年4月12日 - )は、アメリカ合衆国のバスケットボール選手。インディアナ州フォートウェイン出身。北米プロバスケットボールリーグNBAのシカゴ・ブルズに所属している。ポジションはセンター、パワーフォワード。身長213cm、体重107kg。
 


<経歴>
1998年にパデュー大学卒業。NBAではドラフトの指名を受けることが出来ず、セリエA(イタリア)のバスケット・リヴォルノと契約。16試合に出場したのち、1998-99シーズン途中にシャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ホーネッツ)と契約した。以後、控え選手としてローテーション入りを果たし、38試合に出場した。平均6.3得点、3.1リバウンドを記録している。NBA2年目もホーネッツの一員としてプレーし、55試合に出場。初先発も経験するなど、成績を上昇させた。1999-00シーズン終了後にフリーエージェントとなり、シカゴ・ブルズと契約。主にチームのスターティングセンターとしてプレーし57試合に出場(47試合で先発)した。

2001-02シーズン途中、大型トレードによりインディアナ・ペイサーズへ移籍。入団直後からインサイドの中心となった。この年はデビュー以後初めてプレイオフを経験したが、ペイサーズは1回戦で敗れている(翌年も同様に1回戦敗退)。

2002-03シーズン終了後、ペイサーズ、キングス、シカゴ・ブルズの3チームで起きたトレードにより、前所属のキングスに移籍した。この年は平均得点とリバウンドでダブルダブルを記録した。キングス移籍後は毎年のように安定した好成績を残し、インサイドの要として活躍していた。

2003年にはペイサーズの選手として、2004年にはキングスの選手としてオールスター戦出場した。



<アメリカ代表>
ミラーは1998年のバスケットボール世界選手権でその年ロックアウトのためNBA選手が派遣されなかったときのアメリカ代表となり銅メダルを獲得した。また2006年に日本で行われた世界選手権でも再びアメリカ代表になった。チームは準決勝のギリシャとの悲しい敗戦の後、3位決定戦でアルゼンチンを破り銅メダルを獲得した。プレトーナメントでアメリカはミラーのようなシュート力のあるビッグマンを必要としていたが彼はトーナメントでほとんどプレイタイムを与えられずに終わった。彼は準決勝では全く出場できなかった。 9試合中出場したのはわずか4試合、出場した1試合あたり12.5分に出場、5.3得点、3.8リバウンドだった。 (世界選手権はNBAの48分と違い1試合40分)



<プレイスタイル>
身長213cmと、NBAの中でも大柄なミラーだが、正確無比なジャンプショットを武器としている。フリースローもキャリア平均約8割を誇る。また、パスセンスのよさで、センターの選手の中ではかなりアシストが多いプレイヤーでもある(キャリア平均は2.8アシストだが、2005-06シーズンはガードの選手並みの4.7アシストを記録した)。ブロックが少なかったりと、ディフェンス面が弱いとの指摘も受ける。しかし、ビッグマンとしてはシュートが上手く、外郭からも攻撃できる貴重な選手であるため、チームに少なからず貢献する。