[ 2010年07月23日 ]

ルーク・リドナー(Luke Ridnour)



ルーク・リドナー(Luke Ridnour)ことルーカス・ロビン・リドナー(Lucas Robin Ridnour, 1981年2月13日 - )は、アメリカ合衆国のバスケットボール選手。北米プロバスケットボールリーグNBAのミルウォーキー・バックスに所属している。アイダホ州コー・ダリーン出身。身長188cm、体重76kg。ポジションはポイントガード。



<経歴>
オレゴン大学在学中にアーリーエントリーし、2003年のNBAドラフトで全体の14位指名をシアトル・スーパーソニックスから受けNBA入り。ルーキーシーズンの2003-04シーズンはレイ・アレン、ブレント・バリーらのガード陣に埋もれており、69試合に出場したが平均出場時間は15分前後だった。

2年目の2004-05シーズンにバリーが移籍したことでスターターの座を手に入れた。82試合全てにスターターの出場を果たすなど急成長を遂げ、評価も上昇した。2005年のNBAオールスターのルーキーチャレンジ、スキルズチャレンジにも出場した。

3年目の2005-06シーズンも、アシスト数を伸ばすなど成績は向上。アレンやラシャード・ルイスらと共にソニックスを支える存在になった。

2006年には、世界選手権の選考に残った。



<プレイスタイル>
頭脳的なプレーと、パスやドリブルの正確さが持ち味で、ジョン・ストックトンやスティーブ・ナッシュと比較される程である。何よりチーム第一の献身的なプレーぶりは高く評価されている。


特技>
バスケの合間にやり続けていたテニスはプロ級の腕前。高校時代は全米ランキング一桁にランクインした事もある。