[ 2011年01月01日 ]

タイリーク・エバンス(Tyreke Evans)



タイリーク・エバンス(英語:Tyreke Evans、1989年9月19日 - )はアメリカ合衆国のバスケットボール選手。ペンシルベニア州チェスター出身。北米男子プロリーグNBAのサクラメント・キングス所属。身長198cm、体重99.8kg。背番号は13番。ポジションはガード。



<サクラメント・キングス>
2009年6月26日、NBAドラフトでサクラメント・キングスから全体4位で指名される。

12月2日、西地区の11月のルーキー・オブ・ザ・マンスに選出される。



12月22日、35点差からの逆転勝利を遂げたこの日のシカゴ・ブルズ戦、エバンスは試合終了までのチーム得点の11得点のうち9得点を挙げ、勝利の立役者となった。

1月5日、2ヶ月連続の西地区ルーキー・オブ・ザ・マンスに選出される。

2月13日、NBAルーキーチャレンジに出場。26得点(FG11-15)・6リバウンド・5アシスト・5スティールを記録しMVPを受賞するが、この日同じく活躍し22得点・23リバウンドを記録したスパーズのデュワン・ブレアと受賞を共有したいと申し出た。

3月12日、トロント・ラプターズ戦で19得点・10リバウンド・10アシストを記録。自身キャリア初となるトリプルダブルを達成。



4月13日、シーズン最後のホームゲームとなったヒューストン・ロケッツ戦で24得点を挙げ、オスカー・ロバートソン、マイケル・ジョーダン、レブロン・ジェームズ以来となるシーズン平均20得点・5リバウンド・5アシストを達成した史上4人目の新人選手となる(09-10シーズンにこの成績を残した選手は、レブロン・ジェームズとコービー・ブライアントの2選手のみ)。 4月28日、1位票67票を含む491ポイントを獲得。2位に100ポイント差をつけルーキー・オブ・ザ・イヤー を受賞。



受賞歴>
オールルーキー1stチーム (2010)
ルーキー・オブ・ザ・イヤー (2010)
NBAルーキーチャレンジ MVP (2010)
マクドナルド・オールアメリカンゲーム MVP (2008)



<プレイスタイル>
オフェンスでは、優れたボールハンドリングと屈強な身体を生かした1対1を中心としてゴール下へ飛び込み得点やアシストを重ねる。
ディフェンスでは、長い腕を生かしたリバウンドやスティールで存在感を示す。
オールラウンダーであり、サイズの小さいレブロン・ジェームズと評されることもある。