[ 2010年06月03日 ]

スタッツ解説

今回はNBAなどのリーグでよく出てくるスタッツです。


<基本スタッツ>

No./選手名 G 3PM 3PA 3PCT 2PM 2PA 2PCT FTM FTA FTPCT
 0/田臥 勇太 26 9 25 36.00% 115 200 57.50% 49 61 80.33%
1/川村 卓也 40 102 272 37.50% 179 382 46.86% 156 207 75.36%
2/レジー オコーサ 20 8 19 42.11% 119 210 56.67% 29 56 51.79%
5/スコット メリット 42 1 9 11.11% 226 407 55.53% 89 131 67.94%
8/大宮 宏正 42 5 22 22.73% 77 155 49.68% 20 32 62.50%
9/山田 謙治 38 19 47 40.43% 14 38 36.84% 22 32 68.75%
12/アルフレッド アボヤ 17 2 6 33.33% 52 98 53.06% 21 30 70.00%
13/安齋 竜三 39 35 83 42.17% 24 49 48.98% 6 11 54.55%
14/並里 成 18 0 4 0.00% 13 26 50.00% 16 24 66.67%
15/竹田 謙 42 17 42 40.48% 72 152 47.37% 38 46 82.61%
21/町田 洋介 17 6 15 40.00% 10 21 47.62% 7 14 50.00%
34/伊藤 俊亮 42 0 1 0.00% 128 212 60.38% 60 88 68.18%
40/田中 健 42 35 103 33.98% 52 116 44.83% 34 59 57.63%
91/片岡 大晴 42 29 55 52.73% 20 49 40.82% 11 16 68.75%
TOTAL 42 268 703 38.12% 1101 2115 52.06% 558 807 69.14%


No./選手名 F FO OFFR DEFR TOTR AST STL BLK TO MIN PTS PPG
 0/田臥 勇太 34 62 30 51 81 90 51 0 38 691 306 11.77
1/川村 卓也 63 194 26 125 151 108 51 10 68 1339 820 20.5
2/レジー オコーサ 57 61 54 105 159 30 17 10 44 443 291 14.55
5/スコット メリット 112 135 132 221 353 38 27 40 75 973 544 12.95
8/大宮 宏正 78 39 47 68 115 24 29 16 28 585 189 4.5
9/山田 謙治 34 29 3 26 29 36 14 0 28 371 107 2.82
12/アルフレッド アボヤ 47 35 36 48 84 12 4 3 13 232 131 7.71
13/安齋 竜三 62 15 5 27 32 44 18 1 18 630 159 4.08
14/並里 成 9 22 0 12 12 12 2 0 16 88 42 2.33
15/竹田 謙 43 44 15 75 90 50 28 2 38 747 233 5.55
21/町田 洋介 17 11 6 8 14 5 0 0 9 104 45 2.65
34/伊藤 俊亮 103 121 68 140 208 43 17 8 69 1076 316 7.52
40/田中 健 77 57 52 127 179 66 58 5 38 825 243 5.79
91/片岡 大晴 27 14 7 17 24 14 19 0 8 345 138 3.29
TOTAL 767 839 530 1105 1635 572 335 95 507 8450 3564 84.86


上記はリンク栃木ブレックスの2009-2010シーズン個人スタッツです。
表を参考に簡単に解説します。※一部、順番が前後するものや、表には載っていないスタッツ項目もあります。


・NO.(number、#、背番号)
選手に割り当てられた背番号です。
シャツの前面と背面、またはパンツの裾部分に記載されています。
公式には4~15番までが可能で、クラブチームの大会やNBAでは0(もしくは00)~55番まで可能です。また、大会によっては56~99番までも可能で、NBAでも申請すれば56~99まで付けられます。

・選手名(name)
選手の名前のことです。
NBAでは、本名ではなく、

ネネ(赤ん坊)など、愛称で登録する選手もいます。

・G(games、出場試合)
出場した試合数のことです。

・GS(game starts、先発出場)
上記の表にはありませんが、先発した試合数のことです。

・FG(field goal shooting、フィールドゴール、野投)
2FG(2ポイントシュート)と3FGの合計です。フリースローを除くシュートです。
スタッツで記載されている場合は、稀に2FGのみを指す場合もあります。

・2FG(2ポイント、2 points、2P、2点シュート)
2ポイントシュートに関する記録です。

・3FG(3 points field goal、3-pt shooting、3P、スリーポイント

3ポイントシュートに関する記録です。

・M(made、FGM、
成功)
シュートの成功数です。

・A(attempt、FGA、試投)
シュートをリリースした(放った)本数です。

・%(PCT、percentage、確率)
シュートの成功率です。
「FGA÷FGM=FG%」

・FT(free throw shooting、フリースロー、自由投)
フリースローに関する記録です。

・F(fouls、ファウル、反則)
ファウルを犯した数です。

・FO(fouls on、被ファウル、被反則)
ファウルを受けた数です。

・REB、R(rebounds、リバウンド)
リバウンドに関する記録です。

・OFF、OR(offence rebounds、オフェンスリバウンド)
リバウンドのうち、オフェンスリバウンドの本数です。

・DEF、DR(defense rebounds、ディフェンスリバウンド)
リバウンドのうち、ディフェンスリバウンドの本数です。

・TOT、TR(total rebounds、合計リバウンド)
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンドの合計の本数です。

・AST、A(assists、アシスト)
ゴールに直接繋がったパスに関する記録です。
日本リーグでは、アシストの定義として「味方選手へパスし、そのパスを受けた選手がディフェンスに妨げられることなくシュートを成功させた場合」に記録することになっています。

・STL、S(steals、スティール)
相手からボールを奪ったスティールとインターセプトに関する記録です。

・BLK、B(block shoots、ブロックシュート)
相手のシュートを防いだブロックシュートに関する記録です。

・TO、T(turn over、ターンオーバー)
シュート以外のミスで攻撃権を失うターンオーバーに関する記録です。

・MIN、M(minutes、出場時間)
試合に出場した時間に関する記録です。
尚、出場時間は1分おきに計測し、その時、コートにいた選手に記載されます。

・PTS、P(points、得点)
得点に関する記録です。

・AVG、PG(average、アベレージ、平均)
「AVG」だけの表記の場合は平均得点を指すことが多いです。
平均リバウンドはRPG、平均アシストはAPGなど、後ろに「PG」と付く形もあります。


<応用スタッツ>
基本スタッツを組み合わせて作られたスタッツです。
・DBLDBL(double doubles、ダブルダブル)
主要5カテゴリー(得点・リバウンド・アシスト・スティール・ブロックシュート)のうち2部門以上で二桁以上の数字を記録した試合数です。
得点+リバウンドの形が最も多くなります。

・TRIDBL(triple doubles、トリプルダブル)
主要5カテゴリーのうち3部門以上で二桁以上の数字を記録した試合数です。
得点+リバウンド+アシストの形が最も多くなります。
尚、4部門の場合は、
クアドルプルダブル、5部門の場合はクィントプルダブル、5部門で5以上の数字の場合はファイブファイブズとなります。

・pts/reb/asts(三部門合計)
得点とリバウンドとアシストの主要三部門を合計した数字です。
尚、2010シーズンのNBAベスト5は下記の通りです。
1位
レブロン・ジェームス、45.6AVG(29.7PPG、7.3RPG、8.6APG)
2位
ケビン・デュラント、40.6AVG(30.1PPG、7.6RPG、2.8APG)
3位
カーメロ・アンソニー、38.0AVG(28.2PPG、6.6RPG、3.2APG)

・EFF(efficfiency、総合評価)
ポジティブ数値からネガティブ数値を差し引いた数字上の総合評価で、計算式は下記の通りとなります。
EFF=((PTS+REB+AST+STL+BLK) - ((3A+2A-3M-2M) + (FTA-FTM) + TO)) ÷ G
前の括弧はポジティブ要素である主要5部門です。
後ろの括弧はネガティブ要素であるシュートミスとターンオーバーです。
尚、ファウルと欠場と出場時間は考慮されません。


 

<その他のスタッツ>
他にも下記のスタッツで様々な分析が出来ます。

・P48M(per 48 minutes、48分換算)
NBAの1試合分の時間である48分に換算した数字です。
平均アシストが「APG」だったのに対して、「AP48M」と表記します。

・AST/TO(assists per turnover、アシスト・ターンオーバー比)
アシストとターンオーバーの比率を計算して、安定度を求めます。
計算式は、「AST/TO=AST÷TO」です。

・ポインツオフザターンオーバー(
points off the turnover)
失点に繋がったターンオーバーの総数です。

・セカンドチャンスポイント(second chance point)
オフェンス・リバウンドを奪った後のシュートによる得点です。


他にもオフェンスリバウンドとディフェンスリバウンドの比率を計算して、オフェンスリバウンドの積極性を求めたり、シュートの位置や距離などの本数・確率を求めたり、色々なことが可能となります。

Theory-バスケ理論へ