[ 2010年05月17日 ]

ネネイ(Nene)



ネネイ(Nenê)ことマイビネリ・ロドニー・ヒラリオ(Maybyner Rodney Hilário, 1982年9月13日 - )はブラジルのプロバスケットボール選手。北米男子プロバスケットボールリーグNBAのデンバー・ナゲッツに所属。サンパウロ州サン・カルロス出身。ポジションはセンター。211cm、113kg。



<生い立ち>
サッカー王国ブラジルで生まれたネネイは周囲の子供たちと同様にサッカーに熱中して育ち、プロクラブの練習に参加するよう勧誘を受けたこともあったが、その後バスケットボールに転向。Instituto Alvaro Guiao高校卒業後、ブラジル国内リーグのVasco da Gamaに入団。2年目の2001-02シーズンには13.2得点10.1リバウンドのダブルダブルの成績を残した。2002年にはブラジル代表チームに参加し、グッドウィル・ゲームズでの銅メダル獲得に貢献した。



<デンバー・ナゲッツ>
2002年のNBAドラフトにエントリーし、ニューヨーク・ニックスから1巡目7位指名を受けるも、直後にデンバー・ナゲッツにトレードされた。低迷していたナゲッツでは1年目のネネイも重用され、NBAデビュー戦でいきなり10得点11リバウンドのダブルダブルの数字を叩き出し、シーズン中盤からは先発に定着、10.5得点6.1リバウンドのアベレージを残し、オールルーキーファーストチームに選ばれた。翌03-04シーズンにはルーキーカーメロ・アンソニーを始め、アンドレ・ミラーやマーカス・キャンビーら優秀なメンバーが集い、ナゲッツは1995年以来のプレイオフ出場を果たし、ネネイも出場した全試合で先発起用された。しかしこのオフにナゲッツはPFのケニオン・マーティンを獲得したため、先発の座を彼に譲ることになった。さらに怪我にも悩まされ、04-05シーズンの出場試合数は55試合に留まった。さらに翌05-06シーズンは開幕戦の対サンアントニオ・スパーズ戦で十字靭帯断裂に側副靭帯損傷、半月板損傷という大怪我を負い以後全試合欠場、ネネイの05-06シーズンは僅か3分で終わってしまった。このオフにFAとなるネネイにとって、この怪我による長期欠場は最悪のタイミングであったが、ナゲッツは周囲の予想を覆す6年6000万ドルの長期高額契約をネネイと結んだ。復活を賭けた06-07シーズンも怪我や12月16日に発生した乱闘騒動による出場停止処分などで18試合を欠場したが、ケニオン・マーティンが故障によりシーズンの大半を欠場したことで先発に返り咲きを果たした。プレイオフ1回戦のスパーズとのシリーズでは1勝4敗で敗れたものの、ネネイはリーグ最高選手の1人であるティム・ダンカンとのマッチアップで善戦を見せた。

これまで度々故障と戦ってきたネネイだが、今度は新たに癌とも戦うことになった。07-08シーズン中に睾丸に腫瘍が発見され、1月に摘出手術を受けた。腫瘍は悪性だったものの転移はなく、3月には無事にコートに復帰できた。しかしシーズン終盤には再び故障で欠場を強いられた。

08-09シーズン前にナゲッツは先発センターで守備の要だったマーカス・キャンビーを放出されたため、ネネイが先発に昇格したが、療養明けのネネイに先発センターの座が務まるのか不安視された。ところがシーズンが始まるとネネイは周囲の不安を一掃する活躍を見せ、多くのスタッツでキャリアハイを更新する14.6得点7.8リバウンド、FG成功率60.4%を記録。オフに行った肉体改造や綿密な健康管理が報われた形となり、ナゲッツはネネイの活躍やチャンシー・ビラップスの獲得で、大きく飛躍を果たした。一時はオールスター候補にも挙げられており、オールスター期間中を利用して結婚式を挙げるつもりだったネネイはスケジュールが重なることを不安がったが、オールスター選考からは漏れ、無事結婚式を挙げている。



<プレイスタイル>
ゴール付近でのオフェンス能力には定評があり、屈強な肉体と運動能力を武器にパワフルなダンクを豪快に決める。チームオフェンスをよく理解しパスアウトもうまく、無理なオフェンスをしないためFG成功率は高い。また速攻の先頭を切れるだけの走力もある。ディフェンス面ではあまり数字に残るタイプではない。最大の悩みの種は怪我の多さで、特にシーズン開始直後に故障し、過去2シーズンを丸々棒に振っている点である。



<その他>
・愛称の“Nenê”は「赤ん坊」の意。家族や周囲の友人から呼ばれていた。2003年に登録選手名をNenêに変更した。
・入団当初は坊主頭だったが、現在はコーンロウがトレードマークである。