[ 2010年05月15日 ]

クリス・ケイマン(Chris Kaman)

クリス・ケイマン(Chris Kaman)

クリス・ケイマン(Chris Kaman)ことクリストファー・ゼーン・ケイマン(Christopher Zane Kaman、1982年4月28日-)はドイツとアメリカ合衆国のプロバスケットボール選手である。北米男子プロバスケットボールリーグNBAのロサンゼルス・クリッパーズに所属している。ミシガン州グランドラピッズ出身。ポジションはセンター。身長213cm、体重120.2kg。幼少の頃から、遺伝的な障害であるADHDを患っている。曾祖父母がドイツ人であり、以前からドイツ代表でのプレーを希望しており、2008年ドイツ国籍を取得した。北京オリンピックにもドイツ代表として出場した。



学生時代>
クリスチャンの高校を卒業後、ホープ大学に進学したが、その後、セントラル・ミシガン大学に転校。NCAAを舞台に活躍した(ホープ大学は、とても小規模な大学である)。2003年にはNCAAトーナメントにも進出した。そして、3シーズンのプレイの後、アーリーエントリーを宣言。


<ロサンゼルス・クリッパーズ>
2003年のNBAドラフトで、ロサンゼルス・クリッパーズから全体6位指名を受けてNBA入りした。ルーキーイヤーとなった2003-04シーズンからフル出場を果たし、また十分な出場時間を与えられた。低迷を続けるクリッパーズはチームの再建中であったため、新人としては好成績を残した彼に対する評価は高いものがあった。

2年目の成績は軒並み昨年を上回り、また3年目となった2005-06シーズンも更なる成長を続けた。特にチームにおけるディフェンスの要として、平均リバウンドは9.6個を記録するなどした。尚、3月26日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦では23リバウンドを記録している。ケイマンの活躍もあり、クリッパーズは実に12シーズンぶりのプレーオフ進出を果たし、カンファレンス準決勝まで進んだ。

2006-07シーズンは故障を抱えたこともあり、キャリアで初めて成績を落とした。さらに翌2007-08シーズンにはチームに故障者が続出し、特に大黒柱のエルトン・ブランドがシーズンをほぼ全休したのが大きく響き、クリッパーズは低迷した。しかしチームの苦境の中でケイマンは奮起し、15.7得点12.7リバウンドのキャリア初のシーズン平均ダブルダブルを達成。惜しくもシーズン後半に故障してしまったが、リーグ3位の平均2.8ブロックの成績を残した。



<プレイスタイル>
非常にディフェンシブな7フッター(213cm)のセンター。特にブロックショットとリバウンドに強い。欠しかった得点能力も近年は向上しつつあり、毎試合のようにダブル・ダブルを狙える選手である。オフェンスではローポスト(ゴール下付近)に強い一面を持つ。特筆すべきはカルロス・ブーザーのように左右両利きであり、器用にシュートできる(通常は右利き)ため、ポストプレイの起点となる場所を選ばないという点である。フィールドゴール成功率は高く、またフリースローを苦手にしていないのも特徴的だろう。